NBOXターボ-fan

NBOXでエコ運転、リッター18キロ

NBOXユーザーですが、毎日の通勤でリッター18キロです。ターボ付き軽自動車はリッター17〜18キロの時代です。
もしそれ以下なら、以下のようにすれば燃費は若干向上します。

ふんわりアクセルで緑色

燃費がいい走り方をするとスピードメーターが緑色、ガソリンを使うと青色になります。
常に2000回転以上回さないように運転します。
たまにエコモードを切って3000回転で加速しても大丈夫です。
加速後、元に戻しましょう。

減速はエンジンブレーキ

バドルシフトを左を押して変速を4速や3速にし、エンジンブレーキで2000回転以上かかるようにする。
その間ガソリンが噴射されません。(NBOXのガソリン停止回転数は不明です)

平らな道は下り道はアクセルから足を離すこと

勝手にエンジンブレーキされます。(高音のモーターを回している音がします)

アイドリングストップは必ず行う

NBOXはアイドリングストップしたあとエンジン開始がブレーキを離した時です。
それが嫌で切る人がいますが、アイドリングストップしたほうが燃費はいいです。
(出た当初のNBOXはバッテリーが弱いらしいですが、フルモデルチェンジ前のモデルではバッテリーは強いので大丈夫です)
クーラーをつけたままでもアイドリングストップしますのでご安心を。

停車したらすぐエンジンを切ること

ガレージに入ると止めやすい場所をみつけてさっと入ってすぐエンジンを切ること。

エンジンを温めるは不要

今の時代エンジンを温めるためアイドリングで待つは不要。

冬、窓が凍っていたら解けるまでデフロスターで待つは不要

窓の霜をヘラであらかじめ削ってください。

不要なアイドリングはダメ

コンビニでクーラー付けてエンジン付けたまま寝るとかご法度。
暑ければ窓を開けろ、さむけりゃ耐えろ。

いかがでしたでしょうか?
ついやってしまうことでガソリンを使い燃費を低下させているかもしれません。
別にここまで徹底する必要もないですが、燃費にこだわるならやってみましょう。
燃費を求めるならば、軽自動車のハイブリッドの方がおすすめかもしれません。
NBOXは普通のガソリン車です。ハイブリッドではありません。

NBOXでエコ運転、リッター18キロ